So-net無料ブログ作成
検索選択

救急業務高度化検討会を21日に開催−消防庁(医療介護CBニュース)

 総務省消防庁は、「救急業務高度化推進検討会」の今年度の初会合を6月21日に開き、年度内の報告書取りまとめに向けた議論を始める。

 検討会は、救急救命士の処置範囲拡大への対応など救急業務の諸課題を検討するのが目的で、同庁が年度ごとに実施している。昨年度には、3つの作業部会を設置。うち「メディカルコントロール作業部会」では、消防法改正に伴い都道府県に義務付けられた救急搬送・受け入れに関する実施基準の策定などがテーマになり、基準の策定に必要な調査・分析の実施方法などを検討した。作業部会はそれぞれ3月に報告書を取りまとめた。

 検討会の今年度の構成員は、東京消防庁の荒井伸幸救急部長や昭和大医学部救急医学講座の有賀徹主任教授をはじめ、自治体の消防職員や救急医療に携わる医師ら18人。オブザーバーとして、厚生労働省医政局の新村和哉指導課長が出席する。
 21日の初会合では、今後の検討内容や作業部会の設置について話しう。また、昨年度に引き続き消防法改正に伴う救急業務の見直しも検討する見通し。報告書は年度内に取りまとめる方針だ。



【関連記事】
聴覚障害者、高齢者ら向けの火災警報設備の普及で初会合―消防庁
小規模福祉施設のスプリンクラー、7割超が未設置―消防庁
救急相談、モデル事業継続に疑問の声
救急救命士の業務範囲の拡大を要望
救急医療基本法の制定を

反民主か連携模索か、損得勘定続く「第3極」(読売新聞)
衆院、14日に各党代表質問=民主、両院とも辞退(時事通信)
<AIM>脂肪塊溶かすたんぱく質 やせ薬候補に新薬開発へ(毎日新聞)
元日大生、二審も無期=親子強盗殺人―東京高裁(時事通信)
会期延長に慎重=官房長官(時事通信)

<鳩山内閣>総辞職 各閣僚から無念の声や反省の弁相次ぐ(毎日新聞)

 鳩山内閣が総辞職した4日午前、各閣僚は最後の閣議後会見に臨み、8カ月半という短期間で幕切れとなったことに無念の声や反省の弁が相次いだ。平野博文官房長官は記者会見で「国民の大きな期待をいただきながら、首相を退陣に至らしめたことは官房長官、もっぱら私の不徳の致すところで改めて責任を痛感している」と陳謝した。

 枝野幸男行政刷新担当相も「政治は結果責任なので、力が及ばなかったことは反省する」と述べた。仙谷由人国家戦略担当相は「首相、(小沢一郎前)幹事長の政治とカネの問題が大きな壁となって、その制約で、国会運営がなされなければならなかったことが一番(首相)本人もつらいことだったと思うし、我々にとっても残念なことだ」と語った。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に取り組んだ北沢俊美防衛相は「極めて充実した8カ月だったが、困難な道のりだった」と指摘。閣議後に後継の民主党代表に有力視される菅直人副総理兼財務相に言葉をかけ、「日米合意をしっかり堅持していただくように」と要請したことを明らかにした。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は閣議後、首相に「連立協議にもとづいて誠心誠意、積極的に政策を進められたことに感謝する」と伝えた。【横田愛】

【関連ニュース
民主代表選:菅内閣4日発足 「非小沢」相次ぎ支持
民主代表選:4日に組閣の方針確認 民主党
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
鳩山首相退陣:「幹事長にも身を引いてもらいたい」
鳩山首相退陣:挫折から光明を

菅・オバマ初の電話会談、サミットで首脳会談へ(読売新聞)
粘り腰の首相、米大統領の「感謝する」自信に(読売新聞)
樽床氏、民主代表選への出馬の意向を伝える 民主党代表選(産経新聞)
わいせつ画像で逮捕したら、学童保育所指導員(読売新聞)
計画的犯行か 現場に大型サバイバルナイフ 横浜の弁護士殺害(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。